笑顔の医者

更年期障害の治療を受けてパワフルな毎日を過ごそう!

正しい検査をしてもらえる

病院

医療機関ではあらゆる症状を診てもらうことが出来ますが、世田谷区の内科では高血圧や糖尿病などの症状を診察してもらうことが可能です。様々な検査を組み合わせて精密な診断を出してもらいましょう。

もっと詳しく

イライラや動悸が合図

微笑む女性

40代以降になると女性は更年期障害になりやすいです。なにもないのにも関わらず1日中イライラする、動悸が激しい、生理不順になりやすくなったと言う方は、更年期障害が始まったサインかもしれません。この症状を見逃すとずっと辛い症状が続くことになってしまうため、どのような症状が更年期障害の合図なのか知っていた方が良いでしょう。更年期障害は女性特有の疾患で男性には辛さが分かりません。ですから、婦人科などへ行き専門的な治療を行なった方が良いのです。婦人科には女医もいるため、悩みなどの話しを聞いてもらいながら治療を施してもらうことが出来るでしょう。

更年期障害の治療法は運動療法や栄養療法、ホルモン療法やプラセンタ療法、抗うつ剤になります。運動療法や有酸素運動で筋肉を鍛えながらストレス発散する目的で行ないます。栄養療法は不足しがちな栄養素の補給が出来ます。副作用が殆どないにも関わらず、薬と同じくらい効能があるのです。そして、ホルモン療法は女性ホルモンを補う療法です。更年期障害はホルモンバランスが関係しているため、ホルモンを補充する必要性があります。そんな女性ホルモンの働きを整えてくれるのがプラセンタ療法です。不安な気持ちやイライラも取り除いてくれるでしょう。また、プラセンタのお陰で肌の艶も良くなります。最期の抗うつ剤は症状が中度や重度の方が行ないます。抗うつ剤ということで副作用があるため、最新の注意を払って治療を行なわなければなりません。
このように沢山の治療法があるため、自身の症状に合わせた治療を施してもらうことで治せます。

受診が重要

案内

ホルモン分泌の役割を担っている甲状腺が病気に冒されてしまうと、本来の機能が働かなくなってしまいます。少しでも甲状腺に異常があった場合は念の為に医療機関を受診した方が良いです。

もっと詳しく

施設に行きやすい

看護師

人工透析は医療機関で行なわなければなりません。もしも、自身で施設に足を運べない場合は、送迎サービスを利用すると良いでしょう。無料で行なってくれますので費用のことを考える必要はありません。

もっと詳しく